メインメニュー
PR
facebook

最大4万2000機の人工衛星と天体観測

投稿ツリー

  • なし 最大4万2000機の人工衛星と天体観測 (伊豆倉 正敏, 2021/3/7 21:12)

このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 最大4万2000機の人工衛星と天体観測

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/3/7 21:12
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1348
 今月号のNEWTONに気になった記事があったので投稿します。
 この会議室で昔取り上げた、スペースデブリ(宇宙ゴミ)は人工衛星の破片などが宇宙で増え続けて現在使用されてる人工衛星に当たるなどの問題で、1つの破片が高速で飛び回っているため他の衛星にあたると更に破片を伴って増え続ける問題ですが、これは今調整中の問題だそうです。
インターネットの普及に伴い通信量の問題や、山奥や島発展途上国では光ファイバー以前に送電線から整備されていないため、スペースX社が1万2千~4万2千機のインターネット中継衛星を飛ばすそうですが、余りに数が多くそれが太陽電池パネルに反射するなどして天文観測に映り込むなどの被害が出るなどしたため、国際天文学機構が懸念を表明するなどして、ひさしを付けた改良機等の改善を進めたり、電波望遠鏡と周波数などの調整をしているとのことです。
 低コストで数多き打ち上げるため1回の打ち上げで60機打ち上げるという事をしたために1つの写真に衛星群として映り込んだ事象ですが、他にも似たようなことをしようとしている会社や団体があるそうで、それに対して天文観測は感度が上がってきて出てきた問題のようです。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget