メインメニュー
PR
facebook

トンネル残土と環境基準

投稿ツリー

  • なし トンネル残土と環境基準 (伊豆倉 正敏, 2021/2/25 22:49)

このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし トンネル残土と環境基準

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2021/2/25 22:49
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1348
 最近環境基準がきつくなったこともありますが、高速道路トンネルや鉄道トンネルを掘った時に発生した残土が、トンネルを掘る間に自然状態で環境基準を超える区間が発生して(と言うか自然状態で高濃度に含まれると鉱山になったりするし、自然状態で全てが均一な方があり得ない、とはいえ何も対象物質が検出されないまま工事が終わることもある。)予定していた土砂捨て場の使用や盛り土などへの再利用ができずに、工事が遅れるという事例が時々出てきています。
Google検索の「トンネル残土 環境基準」
https://www.google.com/search?newwindow=1&sxsrf=ALeKk011d6soBIXgkHwUpXI0166HmEvxaA%3A1614259484723&source=hp&ei=HKU3YOLMKdnM-QaG77H4DA&iflsig=AINFCbYAAAAAYDezLFDeTc4dS2_Ya_o6RLzaEs1G26RU&q=%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%AE%8B%E5%9C%9F%E3%80%80%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%9F%BA%E6%BA%96&oq=%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E6%AE%8B%E5%9C%9F%E3%80%80%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%9F%BA%E6%BA%96&gs_lcp=Cgdnd3Mtd2l6EAM6BAgjECc6BwgAELEDEAQ6CAgAELEDEIMBOgoIABCxAxCDARAEOgQIABAEOgcIIxDqAhAnOgYIABAEEAM6CAgAELEDELEDOgIIADoICAAQBRAEEB46BQgAEM0CUJwrWLyeAWCxoQFoAnAAeACAAcEBiAG4EpIBBDIzLjOYAQCgAQGqAQdnd3Mtd2l6sAEK&sclient=gws-wiz&ved=0ahUKEwjiyqOZkYXvAhVZZt4KHYZ3DM8Q4dUDCAk&uact=5

 都市部とかで土木工事が多いところは造成工事で出た土を、色々な方法で無害化(ここは各会社のノウハウ部分なのであえて書きません。)して環境基準値以下にして他の造成工事(盛り土や堤防補強など)に使えるようにする会社もありますが、人里離れた山奥の場合トンネル工事のために、工事現場と土砂捨て場を結ぶダンプ道を整備してから工事を始めたら、途中区間で想定していなかった濃度の有害物質(鉛とか砒素とかフッ素など)が見つかった場合、近くの無害化処理出来る工場までダンプカーで輸送するルートと道路整備をするのが難しいケースがあり、該当土砂を産業廃棄物として捨てるか現地に無害化処理プラントを造って、途中の手続きとして住民説明会が入ることもあり、昔ならトンネル事故と言われていた異常出水や予想外に固い岩盤に変わる工事遅延リスクとして問題になっているそうです。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget