メインメニュー
PR
facebook

ついに温暖化問題の本丸に至る

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし ついに温暖化問題の本丸に至る

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2021/1/11 14:47 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 675
至って見て驚くのは
それを公開されているのが、科学者じゃーなく
特許問題で、科学的正当性や新規性を
問題にされる弁理士の方だったことです

井上雅夫さんという弁理士の方が
二酸化炭素は本当に地球温暖化の原因か?
http://www.venus.dti.ne.jp/~inoue-m/on_co2.htm
で展開されている内容こそが
唯一の科学的信頼性を問えるものだ
という地点にたどり着くことができました

温室効果の素朴な疑問から始まり
様々な、基本的に重要な問題に切り込んで
おられます

特筆すべきは、気候シュミレータで使われている
実際の数式の情報は、私もいろいろ探したけれど
見つかりませんでしたが
彼は
6.二酸化炭素は真犯人?それとも冤罪?(09.10.04; 10.13)
http://www.venus.dti.ne.jp/~inoue-m/on_co2.htm#6
で、江守正多さん
「地球温暖化の予測は『正しい』か? 不確かな未来に科学が挑む」
2008年11月20日第1版第1刷発行、(株)化学同人
https://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AE%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%81%AF%E3%80%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%8B-%E2%80%95%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E3%81%8B%E3%81%AA%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AB%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%8C%E6%8C%91%E3%82%80-DOJIN%E9%81%B8%E6%9B%B820-%E6%B1%9F%E5%AE%88-%E6%AD%A3%E5%A4%9A/dp/4759813209
に、
【引用開始( 引用は井上雅夫さんのサイト内)】
極めて不十分ながら、気候モデルの内容についての記載がある。
気候モデルで使われている方程式のうち、大気の方程式が
変数を言葉に変えた方程式として次のように記載されている
【引用終了】
かつての批判的検討に、ここまで本質に迫ろうとした
ものがあっただろうかという内容に驚きですが

私見では、これらの問題に加え
海洋表層(水深数m-150m)光合成プランクトンが
海水中のCO2
実際には、種によって、【CO2の形態】
CO2が平衡するH2CO3が、さらに平衡する
【HCO3-イオンの形態】で吸収するものとかがあり
その割合や、場所による分布の量によって
海水中のCO2は、プランクトン内に吸収され
海水中から減るので、追加で吸収できるので
それも連立方程式にしなくてはなりません

また、北大西洋海流の表層暖流が、冷やされて
折り返し深海に、グリーンランド付近で沈み込む
表層と深層の海流循環も式に表現する必要が
あります
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget