メインメニュー
PR
facebook

Re: 小さな質量の原始ブラックホールはすでに蒸発してしまったのか?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

entangle1

なし Re: 小さな質量の原始ブラックホールはすでに蒸発してしまったのか?

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/12/25 11:29 | 最終変更
entangle1  常連   投稿数: 265
さてそういうわけで、小さな質量の原始BHは消滅できません。

その質量の程度は、と言いますとプランク質量の4分の1程度の所が限界値となります。

たとえば1グラムの原始BHがホーキング放射で質量を減らし、プランク質量の4分の1程度になりますと(注1)そこでホーキング放射は止まってしまう、そうしてその後はその原始BHは安定的に宇宙が存在する限り、他の大質量のBHに飲み込まれない限り、その姿で存在し続ける、という事になります。

そうしてそれが当方が主張する所のダークマターの正体である、という事になるのでした。

注1:以上の事からダークマターの質量は0<最終BH質量=ダークマター<Mp/4という範囲に落ち着くであろう、ということになり、ダークマターの平均質量をMp/8程度とするとそれは2.72*10^-9(Kg),『一般的なコピー用紙を 0.13mm×0.3mm に切ったものの重さくらい』という事になります。


https://archive.fo/BQtQ6

投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget