メインメニュー
PR
facebook

「江戸参府紀行」(ジーボルト) 

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

Chryso

なし 「江戸参府紀行」(ジーボルト) 

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/12/5 10:53 | 最終変更
Chryso  スタッフ   投稿数: 6418
図書館のサイトで本を予約、届いたようなので(当方の図書館は区にいくつか分散してあり、システムで予約すると、他館からとり寄せることがある)取りに行ったら、意外にも汚れていない。しかし紙は黃ばんでいるし、文字も小さい。

奥付をみたら、昭和48年初版13刷発行とある。で「寄贈」の判がある。個人(たぶん研究者?)の書棚にずっとあった、そしてこれまで貸出もなかったということですね。初版は1966年(昭和41年)にでている。

「江戸参府紀行」(ジーボルト) 

訳者の住所もあるが、愛知県碧海郡知立町(ちりゅう、かつての東海道の宿場町、池鯉鮒)とある。
ああ、そういえば知立って市になったんだったと思ったが何年のことだ..

ジーボルトは長崎から江戸まで行ったことがあり、その時に弟子が日本の珍しい動植物の標本をもってきたようです。それらはオランダにあるということです。
「シラネアオイ」の標本があるけど、ジーボルトの移動経路(山陽道、東海道)にはなく、(北海道、東北、日本海側に分布)これも弟子がもってきたようですね。産地が書いてないので、日本のどこか、まではわかるのですが、今だと学名記載はできませんね。

この時の調査で新種をいくつか記載したのだが、その後、大陸でも見つかったものがあり、無効になったり、名称がかわったりの歴史があったようです。

帰路にオオサンショウウオを鈴鹿で入手、それがオランダに行き、その後1881年まで生き、「世界最大の両生類」として人気だったということ。だいたいにおいて日本の生物は大陸の生物に比べると小さいものですが、これだけ例外的に大きいのですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget