メインメニュー
PR
facebook

和名というもの

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

Chryso

なし 和名というもの

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/12/1 12:40
Chryso  スタッフ   投稿数: 6413
そもそもが構造的にできていないし、法則性もあるようでないし、自然科学の研究の対象にはなりませんね。それはわかっているようで、研究者同士では学名を使いますが。これも適当につけるという話があり、分類学の進歩に伴い、時々変わったりします。古い図鑑とかは、だから研究者は参照してはいけないと。

スズメバチという蜂がいます。

この命名もへんなもので
「スズメのように大きい」という説がある。
実物はスズメほどではない。オオスズメバチで5.5センチ。測り方がちがうけど、鳥のスズメは全長は約14-15cmくらいのもの。

そもそも、なんで「大きさ」を比較するのに「スズメ」を出してくるのか。
スズメは小さいものとして使われるのではないか。スズメノエンドウとカラスノエンドウがあり、大きいほうがカラスノエンドウ。
スズメの涙とか。スズメのお宿とか。

別説があって、スズメバチの巣の模様がスズメに似ているというものもある。
これも素直ではなくて、なんでその生物そのものの特徴ではなく、その生態に関わることを、わざわざ名にするか。

思うに、一般的に命名は単独のものではなくて、複数説あるようですね。そのうちにはまぜっかえしも入っているようですが。
で、ネット上ではこの両説を紹介して、それが引用されていく...
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget