メインメニュー
PR
facebook

Re: どうしてもハンコが必要なシチュエーション

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: どうしてもハンコが必要なシチュエーション

msg# 1.5
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/22 1:15
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1048
もしもハンコが不要になるなら、科学系の人の間で使えていた小ネタが1つ消えるかも
経理や役所などの申請書類で
「赤いスタンプではダメだ、ちゃんとした朱肉で押し直せ。」
「あのー、本当の朱肉は硫化水銀でご禁制なんですけれど。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E8%82%89
>練り朱肉[編集]
>銀朱(硫化水銀を昇華させたものに希釈したアルカリ溶液を加えて練り上げ温めた状態のもの)にひまし油、木蝋、松脂を溶かし入れヨモギの葉の裏毛(艾にもなる)や和紙を加えて練り固めたもの[1]。2か月に1度以上練らないと腐敗する。
>朱の色は自然界の辰砂(硫化水銀)によるものであり、近年まで工業的に作られた硫化水銀を用いていた

念のため、毒劇物の指定対象外で顔料として販売と購入は出来ます。
ただし普通の文具店で売っているのは「朱肉色」の顔料が入ったスタンプ台です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget