メインメニュー
PR
facebook

旧暦 vs 新暦

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし 旧暦 vs 新暦

msg# 1.3.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/21 3:45 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 4188
御指摘頂き有難う御座います。はい、6月2日未明、が正しいです。

月が夜のシンボル、と存ずればうっかり朔日だろうとお構いなく綺麗に映える月の映像を出してしまうものか。


太陰太陽暦と太陽暦の違いとしては、年の区切りというのも違ったりします。そして、その境では新旧の間で年が明けてたりいなかったり。

著名なところでは赤穂事件における討ち入りの日、これが、

 元禄15年12月14日

であるところ、

 元禄15年=西暦1702年

なので、三段論法で

 西暦1702年12月14日(をゐ!)

とする事例があるとのこと。ぇぇ、Wikiの元祿によれば、元禄15年12月1日が西暦(グレゴリオ暦)1703年1月17日に当たり、12月14日は1月30日である。もう既に年が明けてるんですね。ですんで、

 西暦1703年1月30日

がグレゴリオ暦での当該日になる。

因みに旧暦12月14日(から15日未明にかけて)とすると月明かりが煌々と江戸八百八町を照らし奇襲を旨とした夜襲には適さない気も致しますが、要は標的たる吉良上野介が14日に茶会を開き所在が明らかであると判明したので、その日にしたのだそうです。

その他にも関連して

「疑似西暦」にご注意!「忠臣蔵」年末でなく年始だったござる

で、他の事例も採り上げられております。

日本人類として心得るべきか。

私?茶会は毎日でも開きたい。午後の紅茶おいしい無糖を浴びるほどに。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget