メインメニュー
PR
facebook

Re: 毎日食べても飽きないもの

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし Re: 毎日食べても飽きないもの

msg# 1.1.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/19 15:45
OK_like-mj  常連   投稿数: 637
ところで
いろんな食材メーカーには新しい売れ筋の
商品開発をする部門が必ずありますが

心に残るのは、始めて中学の友人の親が
画家の家で、そこで初めて食った
"カールのチーズ味"の旨さと触感が衝撃でした

あれを開発した方は、相当稼いだでしょう

ポテチもよく買いますがパッとしません
ああいう形式はかなり昔からありますので
好きな人は、"やめられない止まらない"あの
食材のようなもので、一定数のファンはいるんで
しょうが

衝撃ってほどではないにしても
以前横浜駅構内に出店が京都・丹波篠山
から来ていて、和栗のでかいのを
厚手の綺麗な袋に入れて
たしか皮は剥かれていたと記憶しますが
確か焼いた栗なのは確かです
それを1回買って食いましたが
その後は、見た記憶がありません
セブンで、その店かどうかは今となっては
分かりませんが、和栗の種を中国で有機栽培させ
焼いたのか蒸したのか知りませんが
天津甘栗より一回り以上も大きいのが百円台で
売られているので、しばらくハマッテいました
やっぱ、どこにでもある流通に乗せるのって
稼ぎ出すためには、かなり必須条件っておもいますが
セブン&ホールディングス本社の
承認が要るんでしょうから大変ではありますが

レトルト・カレーでは、ボンカレーのハウス食品が
"道場六三郎のまかないカレー"なる商品の
和風だしのカレーを出していて、しばらくは
よく食べました

大手のメーカーが主力製品と位置づけると
大々的なコマーシャルをやりますが
そういうのは、それなりにかなり美味いから
そういう攻勢をかけるので見る方も楽しみな
面もあります

今回偶然見つけ2つ買った崎陽軒のカレーが
美味ければ、知られていない事なので
ご報告します

一つ思うことは、クセになる成分の発見が
かなり重要な気がする点です
中学の頃、教会で英語を教えてもらった帰りに
小遣いで食った屋台のラーメンなんかは
途中で金属製の幾つもの穴がキャップに開いた
胡椒入れの容器にようなものから入れた
あの粉ですべての味が決められており
液体性のものを入れるのを見た記憶がありませんが
とてもクセになり、ほぼ毎回必ず食ってました
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget