メインメニュー
PR
facebook

Re: 古そうに見えて実は最近のもの

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

Chryso

なし Re: 古そうに見えて実は最近のもの

msg# 1.22.1.2
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/11/3 17:50
Chryso  スタッフ   投稿数: 6210
クラシック音楽というくくりがそもそも曖昧なようで、これを解説するには長文になってしまってくだくだしくなる。

いわゆる名曲が名曲になったのは、エジソン1877年の蓄音機、ベルリナー1887年のグラモフォンの発明と普及の後、みたいですね。
コンサートに行って聞かなくとも、場所と時間を超えて、低コストで曲を何回も聞くことができるということで、「売れ筋」の名曲が録音されて何度も再生された。
ラジオが発明されて普及すると、それで再生された、という歴史があるようです。名曲が初演時から人気で、それをひきずって今も人気、というわけではないようです。もちろん、その前には楽譜が発明されて、「新曲」でもない、過去の作品が演奏されるようになった、という歴史があります。

そもそも初演時にはそれほど人気があったわけでもないものもあるみたいで、それぞれの曲が個別の歴史をもっているようです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget