メインメニュー
PR
facebook

Re: GOTOキャンペーの予算の10分の1でいいからして欲しいこと

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: GOTOキャンペーの予算の10分の1でいいからして欲しいこと

msg# 1.2.3
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/26 10:38 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1042
続報で前の発言した内容が変わるので報告します。

前は神戸市ではコロナの濃厚接触感染認定よりも、PCRサンプルを取ってくれる神戸中央市民病院にたどり着く方が遙かに難しいという地元の噂話を書いたのですが、検査所が一気に増えるそうです。

神戸市の新型コロナ感染検査 ドライブスルー方式に変更
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202010/0013806156.shtml

>神戸市は23日、新型コロナの新たな検査・診療体制を発表した。市医師会と運営する検査センター(場所は非公表)を移転し、新たに車内で患者自らが検体を採取する「ドライブスルー方式」のPCR検査を12月上旬から導入。また、市内の特別養護老人ホームなどの職員ら約1万1千人を対象に、11月下旬から随時PCR検査を無料で実施する。

中略(医師会設置場所と神戸中央市民病院の2カ所が公式の採取場所だった。ただしあえて検査をしてくれる医院・病院はありました。)

>また、市と市医師会は、インフル流行期に新型コロナの専門外来や市の専用相談窓口がパンクするのを避けるため、発熱やせきなど、感染が疑われる人を診察できる診療所や病院を市内で208カ所確保したと明らかにした。

と言うわけで検査出来る場所が一気に増えるので、検査数が増して見かけの発症者(今までは三宮乗換の神戸中央市民病院で、自覚症状が有ってもあきらめていた人が多かった。)37℃以上の発熱して動けないのに自力で駅まで行って電車で移動しろと保健所から言われて体力と、電車で移動することで他人に感染させないかという恐怖から検査をしてもらうのをあきらめたという話がたまに出ていました。
 中には西区や北区では六甲山脈を越えた神戸中央市民病院ではなく、三木や明石市内のPCR採取してくれる病院に越境検査で駆け込んだ人がいて問題になっていた。

本日は一時帰休のためこの時間にアクセス出来ます。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget