メインメニュー
PR
facebook

学問は、世界への扉

投稿ツリー

  • なし 学問は、世界への扉 (OK_like-mj, 2020/10/4 9:56)

このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし 学問は、世界への扉

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/10/4 9:56 | 最終変更
OK_like-mj  常連   投稿数: 434
一部の悲惨な地域をなんとかする問題は
とても基本的問題ですが

それに偶発的なコロナ禍で、職を失い
迷路に入り込んでしまった人が
希望を見つける問題も重要ですが

それでも我が国内では、食の流通は立派に機能していて
金さえあって、働けるカラダがあれば
何とか食うことはできる

netを使い、欲しいものを見たり買ったりするのは
かつての貴族以上の待遇でもある

中東の紛争地域で、コーランがこだまする地域でも
スマホくらいはあるのでしょうが

商売を世界規模に打って出る人は、耳にしません
昔ながらの小商いの店が、昔ながらのモノを扱うだけです

インドも中東も、数学者だけは別格なようで
Ramanujanや、Maryam Mirzakhaniがいます
インドのタタ研究所は有名ですが
イランに、そういう研究所ってあるのでしょうか
何も、物理や数学の研究所でなくても
世界レベルの何等かの研究所の存在は大きいと
思います

そこを通じて、世界とひとつになれるからです
学者の世界には、言語や人種の壁は存在しません

やはり、そういう世界への扉を用意するような
国にならないと、いけない気がします

そうでない国が、すべてそうなれば
そこから世界平和への道が生まれる気がします

学者の世界だけが、唯一実現していますが

これは特殊な集団ですが
その国の基礎を支えるだけでなく
あらゆる産業を生み出す元にもなり得ると
思います

こうした動きは、争いとは無縁で
着実な一歩を可能にし、希望を紡ぎ出しますし

世界的に重要な発見は
まさに打ち出の小槌であり、産業を生み
一国の独裁が、この可能性を封じ込める事は
世界が許しませんし、"自由"という言葉の意味は
このためにあるようなものです
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget