メインメニュー
PR
facebook

Re: どうしてもハンコが必要なシチュエーション

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: どうしてもハンコが必要なシチュエーション

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/10/3 0:23
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1044
よく考えたら自分の父関係書類が判子があれば便利なレアケースでした。
2011年1回目の脳梗塞で右半身麻痺 → 右手でサインできない。
2017年脳梗塞再発 → 全身麻痺 
 最近になって声が出ないけれど何かをしゃべろうと口パクが出来るようになった。
 ただし声が出ないため解読できず。
 当然サインどころか記入ができない。

 と言うわけで、身体障害者登録もあり、神戸市から来る手続き書(保険証等)や介護施設からのデイサービス契約書等には大抵
A.本人として記入箇所を書いて + 代筆者のサイン欄が付いている書類
B.本人として記入箇所を書いて、委任状で代筆者を明記
C.本人欄は判子で良い届け出書類

のケースがあります。デイサービスや車椅子などのリースではサインや記入が出来ない障害者がいる前提で代筆者欄があることが多いです。
A.Bのケースで更に判子がいる時がありますが、本人用の判子と、代筆者の判子は別にして下さいと明記しているケースがあります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget