メインメニュー
PR
facebook

Re: windowsとnet が世界を変えた

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし Re: windowsとnet が世界を変えた

msg# 1.1.1.1.1
depth:
4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/9/8 5:00
OK_like-mj  常連   投稿数: 372
最初は、ほとんどが手作業でした

重要だった点は、技術部門が発行する
原材料の保管条件のデータの蓄積と
その蓄積したデータを、日々入荷する原材料を
受入する際に、どのように保管すべきかを
現場の担当者へ指示することダケにありました

そのデータが膨大になっても、手作業で
入荷する原材料に、そのデータをリンクさせ
担当者が、どういう条件で保管すべきかを
表示させていただけでしたが

引き継ぎ問題が発生してから
この手作業の手順が、余りに長く
引き継げそうにないと分かってから
1年弱で、自動化したものの運用が
ほぼ、まともに動くようになったのです

1つ完成すると、そこで学んだテクで
他の作業や、複数の部署内で
日々、手作業で入力している複数のデータが
たくさん溜まり過ぎていて
それを利用する際に、混乱していたのを
自動化し、必要なデータを即入手したり
入力者が不在でも、入力後にserverへ自動で
書き込むことで、server経由で、誰でも
access可能にしたりしました

つまり、いろいろな所で
手作業で作成され、有効活用できないデータを
誰でもが使えるデータにするようにしたのですが
そもそも私は、そういうシステム管理部署の
人間ではなく、仕事の合間や自宅で、なかば
趣味のように作って完成して行きました

ですが、既成の何億もするmain_systemで
集まるデータの出力の形は、実用には
まったく不十分な点が多く
私が蓄積したようなデータや、他部署で
かかえる蓄積データの多くのものは
切り捨てられています

今回、新しいmain_system導入になる際にも
一部は、その内部に吸収されるようですが
完全ではありません
つまり、main_systemは膨大で
ほんとうに全社全部門をリンクした作りに
なっています
つまり、実際の現場だけでなく
購買部門や、経理部門ともリンクし
購入の際、メーカへ出す指示や、支払いの方法や
内容にまで、話しはリンクしているので

そういう会社自体の購入から入荷、製造、出荷
そして、原材料のメーカーへの支払いや
出荷したお得意先からの入金があって完結します

その途中には、半期の棚卸もあります

この棚卸では、メーカーごとに様々なフォーマットの
原材料が入荷するものに、現在では
私が作成したバーコードを貼ることで
読み込み携帯端末で、ピッピと迅速に処理して
いますが、新systemでは、2次元バーコードの
systemを導入すると言ってましたが

小回りの利かないmain_systemで
どこまで対応できるか不安です
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget