メインメニュー
PR
facebook

日本の船がモーリシャスで座礁し重油による環境汚染

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 日本の船がモーリシャスで座礁し重油による環境汚染

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2020/8/8 21:39 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 976
https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12213-754324/
 貨物船は岡山県の長鋪(ながしき)汽船が所有し、海運大手の商船三井が運航を担っている。商船三井によると、中国で貨物を降ろし、シンガポール経由でブラジルに向かう途中、現地時間の7月25日夜に座礁した。今月6日朝、1180トンの重油が入った燃料タンクに亀裂が入り、流出が始まったという。

観光客向け産業が多い国で重油汚染は影響が大きいと思います。
重油なので蒸発拡散も期待しにくく、日本で被害が出たナホトカ号事件のようにオイルボールによる海岸汚染も起きかねません。
何とかオイルフェンス等で収まれたのいいのですけれど
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget