メインメニュー
PR
facebook

Re: 下水処理の窒素・リンの排水値は養殖と共存するにはどのぐらいが適正か?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: 下水処理の窒素・リンの排水値は養殖と共存するにはどのぐらいが適正か?

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/3/3 22:06
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 1384
大阪湾も不漁のようです。
ひょうご経済+|経済|大阪湾イカナゴのシンコ漁終了 操業は過去最短の2日
https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202003/0013162920.shtml
> 大阪湾でイカナゴのシンコ(稚魚)漁を行う神戸市、淡路島、大阪府の漁業者らは3日、神戸市内で会合を開き、今季の漁を同日で終えると決めた。2月29日の解禁後の漁獲量が極めて少なく、来年に向けた資源量を確保するため。

瀬戸内と違い、赤潮が問題になる大阪湾でも不漁なのだから、窒素やリン濃度とは別の問題(海水温とかそれに基づく生態系の変化とか)だと思うのですけれど
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget