メインメニュー
PR
facebook

ヒッグス粒子の正体について、、、

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし ヒッグス粒子の正体について、、、

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .18 | 投稿日時 2020/2/19 13:52
ゲスト 
かのヒッグス粒子が、その他の粒子に質量を与えているという既定の説明によれば、専ら、低エネルギー状態下に於いて、主にヒッグス場が、恰も水飴のような様相を呈しており、当の他粒子が、それに纏わり付く為、さほど、動き難さが生じつつ、それ相応の質量を獲得するようになるから、、、などと(実しやかに)云われているが、、、、

何とも、既存のヒッグス粒子(らしき物)の発見に関する当該実験に至っては、主なる質量とエネルギーの等価性の原理云々に則り、特段、高エネルギーにかけて、さしたるヒッグス粒子を一時(瞬時)的に発生・生成させているので、先の低エネルギーの際には、なべて、ヒッグス粒子のもとが、悉くエネルギー化してしまうが故、さても、水飴のような特異な状態など、何ら、醸し出せない、、、などと存じるが、、、、、

何か、異論反論などあれば、即刻、存分に指摘の程を。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget