メインメニュー
PR
facebook

Brexit!(2020-01-31T23:00Z)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし Brexit!(2020-01-31T23:00Z)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2020/2/1 9:33
東 遥  スタッフ   投稿数: 4017
奥様、聞きました!?

ついに、あの英国が、先ほど(日本時間08:00)にEU離脱ですって!

EU離脱に歓喜と涙… 英国、ついにブレグジット当日迎える

・2010年代はじめ、イギリス独立党が支持を得て国民投票を志す
・2015年、保守党キャメロン首相は残留を見越し国民投票決定するも選挙に敗北、辞任
・後を継いだメイ首相も選挙に敗北、少数与党に
・2017年3月29日、英国政府は2年後の2019年3月29日23:00(GMT)にEU離脱を表明
・2018年10月までに離脱協定案締結を目指して2017年6月よりEUと交渉開始
・2018年6月に共同進捗報告書を発表
・2018年7月に英国内閣はチェッカーズプランに合意
・2018年11月、離脱協定案と政治概要宣言の概要発表
・2019年1月15日、下院はこれら概要を否決
・2019年3月12日、メイ首相はEUと再交渉した結果を提出したものの下院によって否決され、当初予定の3月29日離脱は不透明に
・2019年3月13日、下院は「合意なき離脱」を採択
・2019年3月14日、下院はリスボン条約50条履行延期を可決
・2019年3月18日、バーコウ英下院議長は既に2度否決された協定案につき3度目の採決はありえないと表明
・2019年3月20日、メイ首相が離脱60日延期を申し入れたのに対しトゥスクEU議会議長は否定的見解を表明
・2019年3月21日、トゥスクEU議会議長は離脱時期延期の合意が為された旨を発表、3月29日の当初予定は不可能に
・2019年3月25日、下院はメイ首相の提示した離脱案を否決し議会主導での離脱を志向
・2019年3月28日、議会の提出した離脱案が否決される
・2019年3月29日、3度目の離脱案採択が行われ否決、もうグズグズのズタボロに
・2019年4月、メイ首相はEUに離脱延期を申し入れEU側は4月10日に、最長で10月末離脱を承認
・んでもメイ首相は退陣に追い込まれ、離脱強硬派のジョンソン氏が首相就任
・2019年10月2日、英国政府は離脱案を公表
・2019年10月17日、英国とEUは離脱案で合意
・2019年10月19日に下院で離脱案採択の予定のところ、直前に「離脱関連法成立まで離脱案採択を保留する」動議が採択され、議会承認は先送り
・EUは2020年1月末まで離脱延期を承認
・2019年10月22日、下院は離脱関連法案を可決
・2019年10月24日、議事進行動議を否決されたジョンソン首相は解散総選挙を提案
・2019年10月28日、EU各国は英国の離脱を2020年1月末まで延期することを承認
・英国下院は総選挙の動議を否決、ジョンソン首相の10月末離脱は不可能に
・2019年10月29日、ジョンソン首相は総選挙を12月12日に行う特例法案を提出し下院が可決
・2019年10月30日、上院が特例法案承認
・2019年11月6日、下院解散
・2019年12月12日、総選挙の結果保守党が圧勝し離脱へ弾み
・2019年12月19日、下院は離脱関連法案の骨格を承認
・2020年1月9日、下院は離脱関連法案を可決、これを上院は修正して差し戻したが、下院が修正を否決し、当初案の通り上院も承認
・2020年1月23日、エリザベス女王が離脱関連法案を裁可
・2020年1月24日、英国とEUはEU離脱協定に署名
・2020年1月31日23:00(GMT)、英国は晴れて離脱

簡潔に書いてもこの数年のすったもんだでもう振り返るのも大変では御座いましたが、一応はこれで離脱したことになります。

まぁ、そもそもが「大陸」と「英国」は、大陸と島国という関係で諸々と違いがあり、法律面では「大陸法」と「英米法」に別けられるところでは御座います。大陸法はローマ法典を源流として古くは王様が、昨今では政府や議会が制定する法律を第一とする成文法主義であり、対して英国では裁判所が下した判決を第一とする判例法主義である。ここで、欧州議会が色々と法律を作り、英国に対して「お前、この法律を守れ」と押し付けられることへの反発があったのだといいます。

経済的には英国病の傷が癒えぬままに御仏蘭西やドイツといった経済強国との競争を強いられ貿易でも足枷を嵌められ不利を強いられているという見方から、EU離脱で貿易の主導権を回復すれば経済も自然に宜しくなるといわれます。

人の交流面では、英国は廉価な労働力たる移民に悩まされ本来の国民が不遇を託つという不満が燻りますし、宗教的にもイスラームの拡大で対立が深化し、文化的にも変容を強いられ、またテロリストの流入を阻むことが根本的にできないという不満もございました。これも、EUとの壁を築くことで改善へ向かうと期待されているところでは御座います。

そんなこんなで遂に英国はEUから離脱、これまで加盟拡大の一途だったEUから、最初の離脱が起こったことで、果たしてこれからどうなることやら。注視したいところですが、私はこれからWEBアプリの障害調査対応だ。つーか、なんか根本的な設定が間違っている気がするんだが、本来の担当者は何処?なんか、南の島へヴァカンスで1週間帰ってこないという恐ろしい事を伺っているのだが?

おい!
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget