メインメニュー
PR
facebook

Betelgeuseは今....

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし Betelgeuseは今....

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/12/28 22:54 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 4017
冬の夜空の代表的星座であるオリオン座の右肩に当たるにして冬の大三角の一つでもあるベテルギウスさん、最近調子が思わしくないのだという。

はい、

ベテルギウスが暗くなったという話題

超新星爆発の兆候を見せるベテルギウスが爆発すると満月級の明るさになる

Betelgeuse star acting like it's about to explode, even if the odds say it isn't

他、昨今はその減光が「すわ!Super Nova化!?」と持て囃され或は恐れられているところでは御座います。

そもそもがベテルギウスさん、0.0~1.3等星の範囲で明るさを変える「変光星」で、オリオン座の中ではαがついておりますが、落ち込むとβたるリゲルさんよりも暗くなるのだそうで、そのあたりからしてαの意地は無いのかという辺りがアレですが、最近はそれどころではない落ち込みを見せて、これは一体何なのかというのが話題になっている所で御座います。

で、実しやかに謂われているのが「超新星爆発するんじゃね?その前触れじゃね?」という事だそうで。減光すると超新星に繋がる道筋理由が私にはよく解らないところでは御座いますが、どうなんでしょう、何らかの理由で核融合が減じて光の放出が減ったものか、そして縮退圧を喪い外殻云々が中心に向かって落下を始め衝突する、その衝撃がまた外に向けて拡がり星の表面で行く場を無くして熱エネルギーになって飛び散るというのが超新星なのだと存じますと、まさにその前兆なのだろうか、という理解で宜しいのでしょうか。

因みにホンマに超新星になると、

1. 先ずはニュートリノで観測できる。
 これは、ニュートリノが光速より速いのではなく、先ず中心部の崩壊でエネルギーの99%がニュートリノとして星体を即座に通り抜けて外部に撒き散らされるもので、その衝撃が表層に伝わり具体的に光になり飛び散るのはもっと後になるから。

2. 光り輝き始める
 そして内部の崩壊から遅れて、光学的に超新星爆発が観測される。以前観測されたSN1987Aの事例で言うと中心部の崩壊から数時間後に星の表面に影響が及び「輝き」始めた、そうで御座います。

3. その明るさは
 SN 1054、今で言うかに星雲の光が記録によれば金星より明るい程度で、一説には-6等級程度といわれます。そしてかに星雲までの距離が7000光年であるのに対し、ベテルギウスまでは640光年前後であると言われるので、ベテルギウスがSN1054と同程度の爆発であるとするなら、その明るさは約120倍、-11等級よりも明るい位になりましょう。これは半月よりちょい明るいくらい、満月は-12.7等級ですのでそれより暗い。実際の爆発の規模がどのくらいになるかで、また未知数ですが。因みに東大の野本特任教授の研究によれば、爆発後1時間で色が赤から青白く変わり、3時間で満月の光度の100倍になるとのことです。

4. その後
 解説の一つによればその後も青白く天空に輝き昼間でも見える状態が数ヶ月程続くとされます。その後は徐々に赤みがかり光度を落としてやがて肉眼でも見えなくなるということ。SN1054の例では、日中も23日間見えた、その後も633日間夜も見えたとのことですが、ベテルギウスは近いのでもっと長く見られる事では御座いましょう。先ほどの野本特任教授の唱えるところでは3ヶ月も晴天下で観察できる、そして4年後に夜空に肉眼で見えなくなるとの事です。

5. その影響は
 最も影響が心配されるのがガンマ線の放出、ガンマ線バーストだと言われます。地球においても生物の進化上時折起きた大量絶滅にも、至近で起きたガンマ線バーストで生命が灼かれたからだ、或はガンマ線でオゾン層が破壊され太陽の強烈な紫外線が生命を灼いたからだ、という説がございます。オルドビス紀末の大量絶滅は将に至近の超新星爆発が原因だとも言われます。
 ただし、ガンマ線バーストは自転軸より2度の範囲に集中して放出されること、一方、ベテルギウスさんの自転軸は地球の方向に対して20度の角度を持っており、どうやら直撃は免れる模様だそうです。つーか、どーやってベテルギウスの自転軸を調べたのかと言うと、ハッブル宇宙望遠鏡でじっくり観察して、ベテルギウス表面の模様、黒点?の動きを調べたらしい。ていうか、そんな事までできるのか、という辺りが驚きである。

6. 妄想せよ!
 というわけでその辺りをエンターテイメントで再現したアニメ「宇宙のステルビア」が御座います。これはBeta Hydriが超新星爆発をしたらどうなるか、を描いております。24光年という至近距離で起きた超新星爆発の電磁パルスとガンマ線バーストの影響を受けて壊滅的被害を受けた地球人類は、それから見違える復興を遂げて次なる災害、即ち、物理的に来襲する衝撃波に備える若者たちの成長と恋の物語である。因みに実際の水瓶座βは太陽よりチョッピリ巨きくて少し年老いておりますがまだまだ壮健で老い先も長く、そもそも超新星爆発などする質量も持たない筈ですが、なぜ超新星爆発しているのか、その辺りも筋書きの重要なポイントでは御座いましょう。続編が企画されていたそうで、大いに楽しみにしていたのですが、諸般の事情、大人の事情で不可になったそうです。困った物です。

7. ていうか。
 そもそもがそのSN1987Aというのは、もともとサンデュリーク-69° 202という3重連星の中の最大のもの、太陽質量20倍の高温の青色超巨星が超新星爆発を起したのだそうで、その「前兆」は特に思い起こされませんでしたそうで御座いました。今次ベテルギウスでいう「減光」とかの予兆なく言うなれば「突然」爆発した、という認識ができるのでしょうか。まぁ、そうゆう次第で如何にも「ベテルギウスが変だ」というのが直接超新星爆発に繋がらなくてもおかしくはない、という事では御座いましょう。

そんなこんなで、これから数万年に亙りベテルギウスさんの動向を注視すべきなのでは御座いましょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget