メインメニュー
PR
facebook

追伸

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

entangle1

なし 追伸

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/10/27 9:59 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 87
フリードマン方程式にはまだまだ教えてもらえそうな事柄がありそうです。

それで、フリードマン方程式の一つ手前がロバートソン・ウォーカー計量になるのですがそこに出てくるĸというしろもの、これはĸ=1,0,-1という様に離散的な値しかとらないのに「曲率を表す」などとまことに怪しからん事をいって初学習者を悩まします。

そういうわけで、次はこのĸの正体をあばく、というお話になります。

フリードマン方程式の曲率項Ωkとガウス曲率Kの関係について
http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=2750#post_id17804

ところで原始ブラックホールについては最近、以下の様な記事がでました。

・もしも第九惑星がボウリング球くらいのブラックホールだったなら
http://archive.fo/gNg4S

『・・・もちろん、第九惑星の正体がブラックホールだという仮説は可能性としてあまり高くないことを承知のうえで、この論文をきっかけに天文学を志すみんなに柔軟なものの考え方を促したいのだそうです。・・・』

James UnwinさんとJakub Scholtzさんが言われますように「柔らか頭は大切である」というご意見には賛同いたします。

以上ご参考までに。


http://archive.md/e7sZR
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget