メインメニュー
PR
facebook

人類は、なぜ戦争をしてしまうのか

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし 人類は、なぜ戦争をしてしまうのか

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/10/22 14:31
OK_like-mj  常連   投稿数: 254
この問題には、人という存在が
完全には信じ切れるものではない
という一般的難問があると信じられています

ところが実際の経済活動での
国と国の関係性の中で、決められた手順を
不意に破ったり、すべてを無視するような
"問答無用"な事が、これまでに生じた例は
第二次大戦後に限定すれば、きっと無いでしょう

まあ、韓国内の法廷で、日本企業に下された判定
は、過去の問題に関係しますので

ここでは、現在の経済活動に限定して考えます

つまり、今ある実際の場面で
問答無用的な行動をする事は、自国の利益にも
ならないと、世界のどの国も、弁えている前提
で、世界の経済は現実的に回っている訳です

経済活動の根源は、資源から人が生きるための
何かを生み出す行為にあります
そして、その具体的方法に根本的改良を
加えるのが科学技術です

戦争が、それをやっている当事国にとって
疲弊を生む以外に、勝って仮に領土を回復
もしくは拡大した所で、ただ土地が増え
そこに埋蔵する資源があるなら別でしょうが

もっとも重要な、当事国自身が
いづれ枯渇する資源を切り売りするのでなく
インフラを整備したり、人々が自由に生きる
土台を作る考えに、着実に進んで行く考えが
無ければ、そんな戦争で得るものなど
その場凌ぎに過ぎません

って分かってはいても、現実的に
軍備がなくなってしまうと、どうなるのか
試す訳にも行きません
今の時代、ヤバイ国が蹂躙するなんて
国際世論の袋叩きに合うでしょうが
そうした実行力があった場合に
それを阻止するものではなく、終わった後に
結果として、叩かれるだけなんでしょうが

そういう事をした側の国なり組織が
その後、もう立ち直れない程のBooingを
世界から浴びせられるのは明らかですし
乗っ取った国に、居続ける事さえ出来ない
話しです

居続けるには、その国の人たちと相互交流し
何等かの形で、仲良くしなくてはなりません

Americaが日本の各地に基地を構えているのは
日本の人々が選挙で選んだ政府の中枢が
それを望んでいるからと思います
きっと、中国がそういう事をしようとしても
出来る事ではないと思います

いろいろ基地問題もありますが
じゃー、Americaがすべて引き払いますって
言うとなると、ちょっとヤバイんじゃない
って感じも一方にあります

なぜななら、中国がフィリピン沖の南沙諸島の
サンゴ礁を潰して、島を作ったり、滑走路を
いくつも作って、その海域を通行する輸送船に
少なからぬ何かを感じさせている現実は
Americaが身近にいる事で、少しは安心する
からです

その海域は、法的にGray Zoneらしく
文句を言える国なり人がいません
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget