メインメニュー
PR
facebook

Re: ホーキング放射のシミュレーション(4)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

entangle1

なし Re: ホーキング放射のシミュレーション(4)

msg# 1.3.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/5/4 0:27
entangle1  半人前   投稿数: 65
追伸です。

ホーキング放射のシミュレーション(4)の
注6 で
『上記の例においてはニュートリノ放出のプロセスでBHがプラス質量からマイナス質量へジャンプするときに放出されるニュートリノのエネルギーは質量換算で1.432E-08(kg)であると算出しました。
しかしこの値はBHホライズンの近くでのエネルギー値であって、実際に我々が観測できたとすれば、それはこのBHの重力ポテンシャルの井戸を登りきった後のニュートリノのエネルギーになります。
詳細なお話は後程とさせていただきますが、概算ではホライズン近傍で持っていたエネルギーはかなりの部分、ポテンシャル井戸を登るのに費やされ、残りの8%ほどのエネルギーが観測される事になるもの思われます。』

と言う様に書きましたが、これはどうやら違う様です。
ニュートリノはほとんどエネルギーを失う事なしで、BHの重力ポテンシャルの井戸を登りきる、と言うのが正解の様です。

以上の内容詳細につきましては下記の記事にてご確認の程をお願い致します。

http://fsci.4rm.jp/modules/d3forum/index.php?post_id=16663

投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget