メインメニュー
PR
facebook

ダークエネルギーの正体は「負の質量」を持つ「Dark fluid(暗黒流体)」か?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

entangle1

なし ダークエネルギーの正体は「負の質量」を持つ「Dark fluid(暗黒流体)」か?

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2019/3/13 14:11 | 最終変更
entangle1  半人前   投稿数: 39
ダークエネルギーの正体は「負の質量」を持つ「Dark fluid(暗黒流体)」か?

そのような論文が発表されています。

ダークエネルギーの正体

そうして、当方の主張も又「マイナスの質量を持つ、一見粒子の様にふるまうマイナス質量のプランクレベルのBHがダークエネルギーの正体である」と言うものになります。

このマイナ質量を持つBHはなんとホーキング放射を突き詰めていった最後の最後に現れるしろものの様です。
詳細は以下の記事を参照願います。

「その後のBHの運命」

前回、BHの最終形態と言っておきながら「その後の運命」というのは矛盾ではないのか?
まあそういうご指摘は甘んじてうけることといたしましょう。

前回でミニブラックホールはプランクスケールに至りそこで一応の基底状態に至った、まあそう言う事であります。
しかしながら、相変わらずBHの周りではニュートリノが生まれ、それなりのものがBHに向かってくるのでした。
BHの入り口の大きさがLp未満になりましたので、大きさLpのニュートリノは中には入れないはず、なのですが、何事にも「表と裏」と言うものがあります。
そうして「表口がだめなら裏口があるだろう」というのが量子世界の常識であります。

それで「トンネルすればいいだろう」とニュートリノは考える事になります。
自分の大きさより小さな空間にトンネルできるのかどうか、確かにBHの入口のこちら側の世界での大きさはLp未満なのですが、BH内の空間の大きさはどうなんでしょうか?
もしかするとニュートリノを受け入れるだけの大きさがあるのかもしれません。
そうして、エネルギー準位で考えるならば、明らかにBH内部の方が低い、と言う訳です。
そうでありますので、当方の予想としては「たぶんトンネルするだろうなあ」と言う事になります。


そう言う訳で、前回提示した最終BH質量が4.48*10^-19(Kg)のブラックホール、確かにホライズンの大きさはLp未満ですが、トンネルすることでもう一つニュートリノが入れそうです。
そう言う訳で、M=4.32*10^-9(Kg)のニュートリノがトンネルしてきました。
そうしますと、BH質量は0.16*10^-19(Kg)となります。

さてここで問題です。
このプランクスケールのBHを消滅させる為には、次にトンネルするニュートリノの質量は正確に0.16*10^-19(Kg)でなくてはなりません。
そうでなければこのBHは消える事は出来ないのです。

それで、どうやってそう言う情報をエネルギーを用立てている、貸し元の真空が知る事が出来るのでしょうか?
あるいはその前に、エネルギー貸し元の真空は別にBHの質量をゼロにする事に興味を持っているとも思えません。
ホーキングさんによれば「ホーキング放射は完全にランダムである」とのことですから。

そう言う訳で、今回もまたM=4.32*10^-9(Kg)のニュートリノがトンネルしてきました。
さてそうなりますとこのBHの質量は-4.16*10^-19(Kg)と言う事になります。

こう言う話をしますと、きっと多くの人はこう言うでしょうね。
「えっ、質量がマイナスですよ!」
「BHでマイナスの質量という事はありえません。」

そう言う方にはこうお聞きしたいものです。
「今までの話のなかで、我々の宇宙が禁止しているルールに反している所はどこですか?」と。

上記の相互作用ではエネルギー保存則、運動量保存則は満足しています。
BHは自分が飲み込んだニュートリノに対するエネルギーの支払い請求には、常に誠実に気前よく応じるのでした。
そうして我々の宇宙は別にマイナス質量のBHの存在を禁止している様には思えないのです。

この辺りの詳細議論は「ホーキングさんが考えたこと・4」を参照願います。


それよりはむしろBHが消えるような質量0.16*10^-19(Kg)のニュートリノがトンネルしてくる事の方が禁止されていると思われます。
なぜならば、そのようなトンネルがおこり、このBHが消滅したとすると、今回のこの相互作用では運動量の保存則が破られる事になるからです。


さて、こうしてめでたく誕生したマイナス質量のBH、もちろんホライズンは持っていません。
そうでありますから、これ以上のニュートリノのトンネルと言う事はないでしょう。
つまりこれが本当に、最後の最後にこのミニブラックホールの行きつく所という事になります。
(ミニブラックホールの基底状態はマイナスである、と言ってもいいのかもしれません。)

このマイナス質量のBHはマイナス質量をもった粒子と見なす事が出来そうです。
そうしてもちろん重力以外での相互作用は起きません。

もし、我々の銀河の中でこのようなプロセスによってマイナス質量のBHが誕生したとしたら、それは銀河中心から引力ではなく斥力を受ける事でわき目もふらずに一目散に銀河から逃げ出す事になります。
そうして、行きつく先は重力ポテンシャルが一番高いところ、つまり宇宙で何もない場所にたむろする、と言う事になります。

2つのマイナス質量のBHはお互いに斥力を及ぼし合います。
そうであれば、このBHは集まりはしますが、それはダークマターや銀河からの重力に反発する形で集められているだけで、すきあればこの集団からは離れようとします。
さてこれはことばを変えますと、銀河やダークマターはこのマイナス質量のBHの集団から斥力を受ける事になります。

「ほほう、斥力とな。」
「これはどこかで聞いた様な話」であります。

・ダークエネルギーは「負の質量」を持つ「Dark fluid(暗黒流体)」だ
ダークエネルギーの正体<--リンク

『2013年3月、欧州宇宙機関はプランクの観測結果に基づいて、ダークマターは26.8%、ダークエネルギーは68.3%、原子は4.9%と発表した。』
ダークマター<--リンク

まあ以上の様な事も考えられる訳でありますから、なるほどホーキング放射のプロセスというものは実に奥が深いのでありました。

PS
http://eman-physics.net/relativity/expand.html

EMAN物理「・膨張する宇宙」のリンク先
『宇宙定数のもたらす効果を、あたかも物質の性質であるかのように取り込んだ場合、(1) 式と (2) 式は宇宙定数を含まない式として次のように書き表されることになるというわけだ。
式(9)
式(10)
(引用注:式詳細については上記リンクを参照願います。)
さて、このことから何が分かるだろう?
宇宙定数が値を持つことによって起きるのと同等の効果は、エネルギー密度や圧力をいじることでも表現できてしまうということだ。
つまり、宇宙定数が正の値を持つということは、あたかも負の圧力を持った物質が存在して宇宙に充満しているかのような効果をもたらしているということなのである。
「宇宙定数は斥力的な効果を持つ」という説明があちこちで見られるが、それはこのような意味だったわけだ。』

EMAN物理からの引用になります。
ご参考までに。

以下、次の記事に続きます。

ダークエネルギーと宇宙の歴史

ホーキングさんが考えたこと

上記と関連した記事へのリンクです。



http://archive.fo/0VRMH
http://archive.fo/LCq9K
http://archive.fo/Bv4pr
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget