メインメニュー
PR
facebook

Entangle状態を生成する量子ゲート

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

OK_like-mj

なし Entangle状態を生成する量子ゲート

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/11/18 9:24
OK_like-mj  半人前   投稿数: 53
1930年5月29日初版の教科書で
Diracが言った有名な言葉...

光子はみなそれぞれ自分自身とだけ干渉し
2個の異なる光子の間の干渉は
決して起こらないのである

ここが、Entanglementのすべての始まり
であり、原点だ

いままで、すべての実験や理論は
ここを起点とし成されてきた

EPR実験でも、target粒子たちは
この原理に従って用意される

ここで重要な点は
Entangleとは...
"もともと1つの対象が分裂する事でしか
実現できない"
という原理にある

これまでの物理の歴史においては
Entangleを付与するなどという事は
できないと考えられて来たのだ

量子ゲートという基本Logic構成から
任意のアルゴリズムを組み立て可能にするには
この謎のEntangleというものを
生成する機能をもった素子である
Hadamard gateというものが実装されなくては
ならない

ここの部分が、物理的にはっきり認識されない
ままに、既成事実のみが進んでいる現状は
まずい

もし、Entangleというものが
独立な2つ以上の量子ビットに対して
付与できるのであれば、これまでの
すべての実験や理論は見直しされなくては
ならないのだ



投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget