メインメニュー
PR
facebook

Re: 大阪北部地震震度6弱

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: 大阪北部地震震度6弱

msg# 1.2.1
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/6/21 23:17
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 923
 YMNさんこんばんは
 時間軸の問題ですが、地震の発生時期が遅くなるに伴い
 旧耐震基準の建物・構造物が解体され、新耐震基準の物に置き換わっていく
(それでも全壊判定は別として、応急判定で赤紙を貼られた建物が出ているようですが)
 リニューアルに伴い耐震補強が行われる。(下の柱にゴム積層板を入れる免震や、学校建築物だと生徒数の減少に応じて4階から3階にする減築の手口有り、鉄道・道路橋なら鉄板巻き補強から最近はガラス繊維シート貼り付け法が出てきた。)
 新しい知見からの対策が行われる。(最近では設計時にシミュレーションするソフトに、地震固有震度の波として、建物と共振するキラーパルスをわざと入力してどこを補強するか逆にわざと壊れる部分を作るかが設計できるようになった。)
 過去の震災経験からの教訓の引き継ぎが対策となる(避難時に電気のブレーカーを落とす。ガスメーターは自動遮断等)
 が被害を少なくしていっているのではないかと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget