メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

訃報-高畑勲監督

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 訃報-高畑勲監督

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/4/6 22:37
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 703

高畑勲監督『火垂るの墓』4・13金ローで放送決定|ニフティニュース
https://news.nifty.com/article/entame/movie/12121-N0099935/

 スタジオジブリとは直接の縁は無いのですが、たまたま住んでいるところが神戸市東灘区御影石町でして、作家の野坂昭如さんは隣の灘区なのですが「火垂るの墓」の原作本を書いた時に空襲の設定を御影地区にして、空襲直後の焼け跡シーンが添付ページのように「阪神石屋川駅から見た風景」、しかもアニメを見てから御影小学校の図書室で原作を読むと母が死ぬ場面がその御影小学校(野坂昭如様は別の小学校卒業)にして頂いて、図書室で読むと「この学校で死んだの」と恐怖のリアル体験をする羽目になるというのが通過儀礼でした。
 ちなみに主人公の長男が死ぬのは省線三宮駅→国鉄三宮駅→JR三宮駅です。

 この時は石屋川駅(戦災復旧後は相対式ホームで)窓からの景色しか見えず小学校方面も階段に屋根があり、建物も建て込んでいたため
「石屋川駅から御影小学校と公会堂が同時には見えないだろう」と思っていたら、なんと阪神淡路大震災で御影ー石屋川の高架橋が倒壊、その北側が火事で焼け野原となってしまい、石屋川駅が復旧した時に島式ホームで見渡しが良く見事に両方が見える姿が再現されてしまい(現在は石屋川に松が茂ったため御影公会堂は見えなくなりましたが...)復旧してはじめて降りた時に(遠近法も含めて)そんなに正確に描写されていたことにビックリした覚えがあります。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget