メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

Re: その時、歴史が動いた【西暦2018年3月第3月曜日】

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし Re: その時、歴史が動いた【西暦2018年3月第3月曜日】

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/19 23:59 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3262
その様な次第で帰り道にご機嫌の同僚θとバッタリ。その手に提げているのはやはり例のブツ。

 東「やっぱり、グランクラブハウスの倍?」
 θ「うむ。今日の夕食は贅沢にいくぞ!」
 東「偶には宜しいのでしょう」
 θ「ゆっくりとくと味わえるのだ。
   それがワンコイン×2で楽しめるのだ。
   デフレも悪い事ばかりではないな。」

ピク。

デフレが良い事ばかりだと思うな。まぁ、極一部の報道機関にしてみればインフレの害悪を説いてデフレに仕向けて労奴を苦しめ懲らしめるのは世直し一揆を越える崇高にして至高の原理主義に基づく日本経済破壊の常套手段では御座いますが、ハイパーインフレは兎も角数字の上で辛うじて正に振れる位が日本人類にとってはまぁ宜しいところなのでしょうけどね。ぇぇ、下手なデフレやると外国人労働者の大量輸入をしなければならず国内労奴市場は散々な事になりますからね。

まぁ、でも、....ワンコイン×2?

 東「もしかして590円?」
 θ「うむ。ちゃんとdポイントカードに貯めたぞ」
 東「ふぅん。因みに私はコレ(株主優待券)で
   グランクラブハウスの夜マックできたよ?」
 θ....(衝撃を受けて)「ま....さ....か....?
   ぃゃ、でも、まぁ、株主優待券が
   夜マックに対応してるとは....!?
   まぁ、100円足さなければ、な?
   280円+100円 vs 590円、
   まぁ、210円の差額と思えば」
 東「それがねぇ?
   『これでグランクラブハウスの夜マックを』
   と頼んだらちゃんと」
 θ「....ぇ....????

ぇぇ、思い起こされます7分前、私も恐る恐る店員さんに、

 東「これで、夜マック御願いできます?」
 店「はい、できますよ?」
 東(喜びを隠し切れずに)「じゃ、
   こ、この、えーと、グランクラブ、
   じゃなくて、だな、
   いーのか。
   グラン(息継ぎ)クラブ(ゴクリ)ハウスを、
   (覚悟を決めて)夜マックで!」
 店「畏まりました」
 東(あぁ、良かった、と優待券と100円玉を出す)
 店「....あのぉ、御客様?」
 東「....(恐る恐る)はい?(やっぱ、駄目なの?)」
 店「100円は、不要ですよ?」
 東「へ?
   ....まさか、優待券で夜マックも....?」
 店「はい、夜マック込みで御提供致します!」

赤っ恥かいた是。でも、なんとも太っ腹な事に、優待券1枚で夜マックも込みとは....という回想してる間もθは愕然と膝をついて固まってました。困った者です。

まぁ、もう弥生も末だし、有効期間も無いから来期の優待券を待ちだねーなんて仰っていたから多分思いも及んでいなかったのでしょう。

 θ「280円で590円、280円で590円....」
 東「さっき金券ショップ見て回ったけど、
   もう今期の在庫は無いみたいだし」
 θ「280円で590円、280円で590円....」

あーもう、しょうがない。

 東「ほら、この3枚、特殊会計1000円で、
   譲ってあげるから!」
 θ「....ホントか!?」

立ち直った様です。まぁ、実の所私の手許にまだ5枚あるし、ちょっと栄養バランス的に疑問符が生じかけていたところなので、まぁ、いいでしょう。1枚280円で入手したものが50円強の利益を生んだ。少なくともマイナスにはなっていない。

 東「今回は特殊だからね。
   来期からはちゃんと計画的に」
 θ「あぁ、判ってる♪」

ふぅ。どうやら自分を取り戻した様です。

....なんだって私がフォローしなければならないんだ?

まぁ、その様な次第で皆様も金券ショップでブツをお見かけしましたらどうぞ千載一遇のチャンスをお見逃し無く。

私?先ほど半分を頂戴しました。美味しかったです。残りは明日の朝食に。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget