メインメニュー
PR
facebook

才能の無駄遣い、遍く【安全の才は能く育む宣し】

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし 才能の無駄遣い、遍く【安全の才は能く育む宣し】

msg# 1.56
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/12/9 14:58
東 遥  スタッフ   投稿数: 3614
ふぅ、天一こってり美味しかったです。ただ、味が濃くて胃もたれしてしまうので体調の良い日に覚悟を決めて行かないとならないのが困った者ですけど。

では気を取り直して。

【驚愕】25年以上前から”来客にペットボトルのお茶”が採用されていた法律事務所、理由は

上は高級官公庁から下は中小企業まで下っ端、主にうら若い女性社員が男子への御茶くみ、御客様への御茶出しを担当するというのが卑弥呼様の時代からこの日本に連綿と伝わる風習ではないのですが、まぁ私が物心ついた頃には御茶は給湯室で淹れるもの、それを女子が担当するもの、という認識意識は共通では御座いました。

で、この法律事務所では随分と昔から

 ・女子にはやらせない
 ・つーか自社内ではやらせない
 ・ペットボトルのお茶を購入してお出しする

という事で、男女同権男女平等優秀な者をなんとかしようという事なのかどうかは知りませんが、まぁ人を使うにはそうゆうことなのかな、と。

だが、その実態は、

「毒を入れられたことがあって(;´・ω・)」

わぁ。それはそれは。まぁ、昔は御茶は給湯室で淹れるものでしたが、昨今はペットボトルでも買えますからねぇ。そうゆう時代の移り変わりを感じ入る次第。

そういえば昔の何かのマンガでも

 ・嫌な上司のお茶に雑巾の絞り汁を入れてやる
  美味そうに呑んでいるのが可笑しくて

というのも御座いましたし現実でも

 ・同僚の飲料に睡眠薬を混入し車で帰る途中に事故死させる

というのも御座いましたのでいやはやもう。

ハッ、そういえばテレビで時々映される、ほら、なんとか委員会とか、かんとか委員会の審議の様子なんかでも御茶なりのペットボトルが用意されているのも国際会議ではエビアンだかなんだかのミネラルウォーターなんかにコップが添えられているのも実はアレな理由だったりするのだろうか。そう妄想しますとなにか堪りません。

そんな事を考え出すと昨今は推理小説のトリックも色々と手厳しい事にはなりそうです。ぇぇ、昔なら、コナン君を巡る事件みたいに、同僚・友人・家人・女中・奉公人が旦那様や御主人様や遺産を狙う相続人に毒入りの珈琲を飲ませて云々という筋書きが典型的なものでしたが、旦那様が自分でペットボトルを買ってくるなら、何か他の方法で殺さねばならず悩ましいものでは御座います。ぇぇ、電話線を切る、では筋書きが成り立たない昨今はWiFiに加えて基地局もきらねばなるまいに。

私?紅茶が良いです。毒の入ってない奴が。

ぁぁ、そういえば大学の食堂なんざ、夏は氷を浮かべた麦茶の寸胴鍋から柄杓で掬ってお茶碗に注いでいたっけ。あんなバンカラな思い出は今はないのでしょうかね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget