メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

電気自動車への転換点か?(2017年)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 電気自動車への転換点か?(2017年)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2017/7/27 1:07
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 686
先日のG20サミットでフランスが将来的に電気自動車と言ったときはもしかしたらパリ協定から離脱するアメリカのトランプ大統領に対する牽制(いわゆる外交カード)かとネタにしなかったのですが

次のニュースが環境関係の複数のニュースサイトで出てきました。
イギリスでも脱エンジン車対策をするそうです。
日経新聞やNHKも取り上げていて斜め読みすると、現地時間の26日に正式発表があるそうです。

英、ディーゼル車とガソリン車の新車販売を2040年以降禁止へ - BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/40724350
>英国でディーゼル車とガソリン車の新車販売が2040年以降禁止される見通しとなった。英政府が近く発表する。
フランスの方はこちら
CNN.co.jp : フランス政府、ガソリン車の販売を2040年までに全廃
https://www.cnn.co.jp/business/35103920.html

 伏線として「クリーンディーゼルが転けた」事が大きくて、EU圏ではCO2削減のためにガソリン車よりも排出量が少ないディーゼル車を評価していたのですが、実は車検等の燃費を調べるときだけ言い値を出すプログラムで実走行とは異なっていたことが判明、プログラム書き換えで対応していますがでに遅くフランスやイタリア等では別のトピックで建てたようにスモッグが酷くて、偶数日と奇数日によるナンバープレート規制と鉄道バスを無料開放する水平エレベータを実施する始末。
 で次とその次の排ガス規制を策定する前に各自動車メーカーが今でも事実上出来ないと根を上げて、ハイブリッド車は日本車有利になるという裏事情もあるそうです。

でもって、SPMで悩まされている中国とインドも電気自動車(水素は不明)への動きがあり、他の大気汚染で悩んでいる東南アジア諸国でも追従する動きがあるとのこと。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget