メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

Re: タクシー車輌を使用したコミュニティバス(正式運行開始)

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: タクシー車輌を使用したコミュニティバス(正式運行開始)

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/4/27 0:53
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 688
書き忘れていました。
道路幅が狭くて小型バスでも入れない神戸市塩屋地区で実験運行としてタクシー車輌を使ったコミュニティバス(乗り合いタクシー扱い)が正式運行となりました。
神戸市:垂水区塩屋地域の取り組み(塩屋コミュニティバス「しおかぜ」)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/sogokotsu/shioya.html
> 平成28年2月1日から4月30日までの3ヵ月間、タクシー車両を用いたコミュニティバスの試験運行を実施しました。
> その後、試験運行の結果を整理・検証した上で、停留所やルート・ダイヤなどの運行計画を見直し、平成28年9月1日から2ヶ月間、本格運行への移行の可否を見極めるため、再度試験運行を行いました。
> その利用実態をふまえ、地域と事業者でさらに運行計画を見直し、11月以降も試験運行を継続しながら、本格運行に向けた手続きを進め、平成29年4月1日から本格運行が始まりました。
さすがに後ろボンネットトランクでは無くワゴン車となったそうです。

焦ったのが神戸市の広報誌には書かれていたのに山陽タクシーは「3/31まで試験運行」と書かれていた事です。
http://sanyo-taxi.jp/orijinals/community_bus/

  最近大型免許を持っている人特に乗車の定員が30名以上の営業用の車を運転する大型二種の免許所有者が人手不足で、バス会社名は伏せますが路線バスなのに「運転手確保のため減便」「乗り継ぎ制度を利用して指定バス停で別系統に乗り換えて下さい」の減便が起きたバス会社が有り、小型バスタイプでは無くてワゴンタイプの乗り合いタクシーも選択肢の1つになってくるかもしれません。

P.S. 2017年改正追加により、中型自動車が更に別れ
準中型自動車(じゅんちゅうがたじどうしゃ)は、日本の道路交通法令における自動車の区分のひとつ。車両総重量3,500 kg以上7,500 kg未満、最大積載量2,000 kg以上4,500 kg未満、乗車定員10人以下の車輛を指す。 
が出来ました。
 昔の普通車免許を持っている事はその当時に許されたトンの限定(大昔8t、今年まで5t)の「中型車はntに限る」が付くので職場等で免許・資格一覧を作る時に普通自動車の所に「中型何tまで」を入れておかないと混乱や(重量オーバーの)無免許運転になる可能性がありますので注意しましょう。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget