メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

宅急便の再配達問題

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし 宅急便の再配達問題

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2017/3/2 0:08
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 686
 最近宅急便の再配達、特に問題になっているのが時間帯指定してもその時間に不在で再配達になる事が問題になっているそうです。
 そういう自分も父が右半身麻痺、食事させるにも左手に持ったスプーンを箸で介助して乗せている状態で昼間に来てもらってもインターホン対応ができず(介護サービスの人がいる時は代理対応してくれますが)、食料品の買い物を母とつきあう関係で対応できない時間があるので、20~21時が確実にいる時間帯なので指定してしまいますが、本音として
 時間帯指定する場合なら、複数時間指定 例として
今 第1希望時間 平日なら20~21時
※ 第2希望時間 21時以降可
※ 第3希望時間 土日なら終日可能
※ 不在時間 何時から何時
※ 事前に電話での不在確認 ○ × 入力
の※印が任意で指定できると不在票電話手続きと再配達手続きの手間、配達業者は再配達の予想時間が事前に分かるので割り込み再配達が減るような気がします。人によってはプライバシー問題だと言う人もいるかもしれませんが....。 
 単身世帯で昼間は勤務時間帯だから家には不在なのに時間帯指定が出来ない業者がいて、昼間の配達員(リヤカーなど)が配達しているというのも問題ですし、それ以上に再配達を何度も指定しながら繰り返す人は別の問題だと思います。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget