メインメニュー
PR
facebook

Re: 才能の無駄遣い、遍く【和洋折衷】

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

東 遥

なし Re: 才能の無駄遣い、遍く【和洋折衷】

msg# 1.20.1.1
depth:
3
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/11/12 15:20 | 最終変更
東 遥  スタッフ   投稿数: 3696
しまった、その発想はなかった。江戸時代なら蘭学だろうというところで安心した自分をデコピンしたい。

はい、もっともっとずっと遡るとインドヨーロッパ祖語にまで辿り着き、そこなら同一ですけれど、一般には英語・ドイツ語はゲルマン系、フランス語・スペイン語・イタリア語あたりはラテン系と分けられるもので。

尚、インドヨーロッパ祖語よりももっともっとずっとずっと遡るとノストラティック大語族、私の時代には「ノストラ祖語」と教えられたものですが、まぁ、そうゆうものが御座いまして、そこまで遡ると日本語というのも孤立無縁の寂しいガラパゴスティックな思いをしなくても済むという事らしい。

果たして昔々の人間はどんな言葉を話していたやら。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget