メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

Re: 豊洲市場(築地市場移転先)における場土壌汚染対策問題

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし Re: 豊洲市場(築地市場移転先)における場土壌汚染対策問題

msg# 1.4
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/9/16 23:04
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 687
皆さん今晩は
介護が一段落して、やっと家のPCを立ち上げてニュース速報を見たら次のニュースが

豊洲新市場たまり水を共産党調査、環境基準下回るヒ素検出
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-69900/
>東京の豊洲新市場で、土壌汚染対策の「盛り土」が一部で行われていなかった問題で、共産党都議団が地下のたまり水を分析した結果、環境基準値以下の微量のヒ素が検出されました。
>「ベンゼン・シアン・六価クロムは明確な数値は出なかったが、猛毒のヒ素が環境基準の4割に及ぶ値で検出されました」(共産党都議団の会見)

 環境基準値以下で良かったと思います。pHがアルカリ性なのは気になりますがコンクリート自体がアルカリ性なので....
(場所は書けませんが、地下室の排水ポンプの接続先問題があり、自然状態の地下水時点で別の分析項目で僅かに排水基準超過よって雨水用の側溝に流すとアウト、幸い該当自治体の下水に流す基準内だったので下水の方へ接続という事例があります。)

驚いたのが速報の「水たまり」という表現で、てっきり雨上がりの水溜まりを想像していたら、ネットニュースやNHK・報道ステーションで見たら水深数十センチのプールになっていた事。
 自分の場合は、六甲山系の傾斜地に住んでいて、ちょっと規模の大きい建物だと山側の1階に入り口があれば地面が斜面で、麓側の出口は地下1階か半地下という世界で、大雨になっても道路の水や雨水管の水がその半地下や地下になるフロアに流れ込まないようにどうするかという所に住んでいるのですが、
 「 地下室作れば排水ポンプ 」
 と言うローカルルールが向こうでは通じなかったのか、それとも速報で言っていた「 モニタリング用施設 」も兼ねているなら完成後も水質検査を続けて場合によっては下水管接続だけではなくて汚染物質検出時に浄化施設建増しを検討するためのモニタリング用施設なのかが気になるところです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget