メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

JISK0102 工場排水試験方法 2016年改訂

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

伊豆倉 正敏

なし JISK0102 工場排水試験方法 2016年改訂

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/4/1 21:04 | 最終変更
伊豆倉 正敏  スタッフ   投稿数: 702
 2016年改訂
みなさんこんばんは。

 名称こそは今までの時代の経緯で「工場排水」となっていますが実際は、環境省の環境基準告示の方法が
環境省_別表1 人の健康の保護に関する環境基準
http://www.env.go.jp/kijun/wt1.html
にありますように一例を挙げると
>カドミウム 0.003mg/L 以下 日本工業規格K0102(以下「規格」という。)55.2、55.3又は55.4に定める方法

 と実際は河川や地下水の分析法にも適用されるJISについて2016年改訂版が出るそうです。
http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Com/FlowControl.jsp?lang=jp&bunsyoId=JIS+K+0102%3A2016&dantaiCd=JIS&status=1&pageNo=0
↑日本規格協会オンラインストア

また連動して
JIS K 0125:2016 用水・排水中の揮発性有機化合物試験方法
更に上位規格の
JIS K 0215:2016 分析化学用語(分析機器部門)

大気分析でも
JIS K 0098:2016 排ガス中の一酸化炭素分析方法
JIS K 0098:2016 排ガス中の一酸化炭素分析方法
が変わるそうです。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ



ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget