メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

返信する: 【科学史】科学史を語ろう

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

理系の文庫本(ちょい昔の名著)
投稿者: take 投稿日時: 2014/9/15 10:19
理系の文庫本というと、ハヤカワやら創元推理のSFといったあたり、あるいは新書ではブルーバックスあたりでしょうか。ちょっと本格的な理工書となると単行本の書架を覗いたりしていたのですが、ランダウ・リフシッツの敷居が高い理論物理学教程「力学」「場の古典論」の入門編「力学・場の理論」が「ちくま学芸文庫」から出ている事をネットで知り購入。さらに他の物理・数学関係の書をめくってみると良書ぞろい。思わずディラックの「一般相対性理論」、志賀浩二の「現代数学への正体 多様体とは何か」、森毅の「ベクトル解析」を合わせて。価格はいずれも千数百円と、ちとお高いですが、それでも理工単行本にくれべれば半分以下でちょっと昔の名著が文庫サイズで読む事ができるのはありがたいことです。


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget