メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 景観保護/歴史的価値のある老朽家屋/建築物の補修/修復補助はは誰がするか
投稿者: みっちゃん 投稿日時: 2013/8/19 4:16
> 国宝、重要文化財(国、都道府県、市町村)クラスになると修理代などは補助が出たりそれこそ所有者が公的機関となったりして入場料などでまかなえるのですが

 冗談じゃないですよ・・・
 文化庁など邪魔はしますけど、まともに保存するための金額など支払うわけ有りません。見学料も、見せる事によるリスク(こわされたり傷つけられたり)を考えると、一定の観光施設を除いてバランスなど取れません。
 つまり、見せ物としての死んだ施設(生きて利用されるのではなく、死骸を見せ物として飾る)は存続しやすいですが、生活の場、信仰の場としては使い物にならなくなり、負担ばかり増えます。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget