メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

除草剤をまく理由
投稿者: Chryso 投稿日時: 2022/5/28 7:04
農業の仕事をはじめていろいろ思うこと。(アルバイトであって、畑に何を植えるかは社長の方針であって、私がいろいろ言える立場にない。)

作物を作っていない畑に雑草が生える。
土はやわらかいし、肥料もまかれているので、いい環境ではあります。

で、農協がいうには、畑に何も作らず、放置してはいけない、ということ。
放置すれば、雑草がはえ、そのうちに樹木も進出して遷移もすすみそうなものです。
そのために、畑にしておかないといけないわけですが、雑草はどうするか。
除草剤をまくわけです。抜いていたら人手=人件費がかかりますからね。

見た目、畑にするのに除草剤というのもどうかと思うのだが、じゃあ、まかないで、人が雑草抜いて、その分のコストは作物に上乗せして、消費者が負担するか、ということになります。

で、除草剤はスプレイでまくわけですが、風が少しでも吹きはじめたら中止。
風に運ばれて他の畑まで飛んでいったりしますからね。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget