メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 【番組紹介】 「EVシフトの衝撃〜岐路に立つ自動車大国・日本〜」
投稿者: 伊豆倉 正敏 投稿日時: 2022/4/12 23:39
ホンダもEV車にシフトするそうです。
ホンダ 2030年までに30車種のEV投入 年間200万台以上生産へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220412/k10013578201000.html
>自動車メーカーのホンダは、2030年までに世界で30車種のEV=電気自動車を投入し、年間200万台以上を生産するという新たな計画を打ち出しました。
>年間生産台数のおよそ半分をEVにする規模で、具体的な開発計画を示すことで、電動化を加速させるねらいです。

また同記事にありますが
>ことしはトヨタ自動車や日産自動車がEV専用の新たなモデルを市場に投入するなど本格的な販売に乗り出す計画で、国内でもEVをめぐる競争が激しくなりそうです。

 となると後は充電というか発電の問題で、EUでは再生可能エネルギーの発電過剰時の充電池という位置づけもあり普及に促進がかかっていますが、日本ではどうするか、ちなみに日産リーフは国内で台風や震災発生時に満充電して被災地に行き避難所等で巨大な電池として給電するという変わった使い方もされだしています。

日産の電気自動車が災害復旧に貢献
「ブルー・スイッチ」活動により、電気自動車のバッテリーが地震や台風などによる被害復旧の手助けに
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/nissan-blue-switch
>災害からの復興に向けては、被災後の数時間、数日間の対応が非常に重要になってきます。その重要な時期に、日産のEVは被災地に向かい、最も必要とされる場所に電力を供給します。排出ガスもなく静かなため、建物の中に駐車し、電源として使用することもできます。系統電源が復旧した後は、その場でEVを充電し、別の被災地に向かうことも可能です。

被災地の場合はガソリン車で行ってもガソリンスタンドのガソリンが売り切れてタンクローリーも渋滞や道路が崩れて大型車が入れず無くなると言う事象も有り、充電量が減ると被害の少ないエリアまで行って再充電して戻ってくると言う運用をテレビでしていました。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget