メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 大して効果のないレジ袋有料化
投稿者: 伊豆倉 正敏 投稿日時: 2021/9/2 15:09


 諸般の事情で今日は振替休日を頂いているのでこの時間に書き込みます。
 近くの阪神百貨店内の阪急OASISというスーパーのレジ袋が、写真はきれいに書いていますが早い話サトウキビから砂糖を作る時に発生する廃材由来の物を混ぜた物に変わっていました。もちろんそれでも有料です。
 メーカーが分からないので推定ですがサトウキビから砂糖を作る時に生成した残りの糖蜜を原料にして造られるメーカーが多数あるので多分このどこかだと思います。

植物由来のプラスチック《バイオマスポリエチレン》を使用のレジ袋 福助工業株式会社
https://paperandgreen-shop.com/free_pages/fukusuke

 サトウキビの廃棄物有効利用としては他にも絞った後の茎があり、子供の頃の話ですが日本国内で蒸気機関車がほぼ全滅し書けた頃でも、海外のサトウキビ畑&工場一体型のところではトロッコの動力として蒸気機関車が残っており、なぜディーゼル機関車に変えないかの理由がサトウキビを絞った茎を原料に燃やして走るので燃料が自己調達というか廃棄物の有効利用という理由で驚いたことがあります。
バカス燃料についてはこちらを見て下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AC%E3%82%B9
>バガスをそのままボイラーの燃料にすることは古くから用いられている。かつては製糖工場内の構内輸送用の蒸気機関車の燃料としても使用された。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget