メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

レバノンの歴史
投稿者: YMN 投稿日時: 2020/8/17 20:07
https://www.youtube.com/watch?v=HhizOsOmX-c
 800m先の島を攻略するために、埋め立てて繋げてしまうアレクサンドロス大王のティルス攻城戦というのが印象的でした。
そこが今のどこか意識することがなかったのですが、レバノンの南部でした。

https://diamond.jp/articles/-/51820
----引用
レバノンでは建国以来、「三権分立」が実行されている。だがこれは私たちが馴染んでいる立法・司法・行政の三権のことではなく、宗教の主要3派に権力を分配する仕組みだ。不文律により、大統領はキリスト教マロン派、首相はスンニ派、国会議長はシーア派に国家の首脳ポストが割り当てられているのだ。
----引用終了

 大量の爆発物が長い間放置されていたあたり、まともな国家運営とは言えませんが、この三権分立が問題含みのようです。
これはまた話が別ですが(しかし正常機能していない面では共通しているようでもあります)、韓国のムン大統領も三権分立を口にしています。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget