メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【理科の部屋】7

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 季節のたより 七月 文月 七夕月
投稿者: minamiza 投稿日時: 2020/7/29 13:21
こんにちは

アオダイショウに 呑み込まれそうになった ガマガエルの その後です

25日午後 息子が 棒状になって コンクリートの駐車場の上にあった ヒキガエルを 持ち上げて 上の プランターに入れました プランターには 草が生い茂っている

翌 26日 土曜日朝  息子が 蛙が動いている というので 駆けつけて プランターを のぞき込みました

驚いたことに 体型が 元に戻りかけている  絡み合っていた後ろ肢が ほどけて 開いているし 体型も角張っている  写真を 見てください  その上 動いている

生き返った!!  一瞬 そう思いました 

ところが 蛙の体の下で 動いているものがある  大型の甲虫みたいなものが 動いている  その動きで 蛙の体が動いているのでした

やれ やれ がっかり --- しばらく見て あとは そのままに  甲虫みたいなものを 撮ろうとしたけど あまり 出てこないので 撮れない

午後 3時ころ 書斎に行く途中 プランターを のぞいたら ガマガエル の 姿がない  周りを 探してみたけど 見つからない

何者かに 持ち去られてようです  甲虫は 蛙を持ち運ぶだけの力はない  もっと 大きなものでなければ ---- さて なんだろう?  今のところわかりません

では 265日 朝に見た ガマガエルの姿 を

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget