メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

防疫の御国柄(COVID-19)
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2020/7/17 0:28
この際の御国柄、は、世界万国190以上の国と地域ではなくて、この東西南北に3000Kmに広がる小さな列島の各地のお話、或いは旧国、と謂えば宜しいでしょうか。

京都に帰省したい人が「来週帰っていい?」と連絡したら実に京都らしい言い回しで秒で返信が来た話「有段者の域」「これがガチのはんなりか」

流石に東京の流行具合を京に持ち込まれては叶わないものでは御座いましょうが、この文字列字面のどこをどう解釈したら「来るな!」と解釈できるものか関西住まいの筈の私にもさっぱりわやや。

以前にも紹介したかも知れませんが記憶が定かでは御座いませんが


岩手に住むお父様に『そろそろ帰省していいか』と軽く聞いてみた所、とても重みのある返答が「秘められたる恐怖がすごい」


まぁ、この辺りならアレですけど、京言葉ですと三体星人にはさっぱり分からなくて思い切り応仁の乱に突入するところでは御座いましょう。因みに「前の戦争」の解釈については、

【京都人「あの戦争は大変で…」「ああ、太平洋戦争?」「応仁の乱ですわ」】という都市伝説?の元ソースは~読売新聞「編集手帳」をきっかけに

という御話が御座いました。そなのか。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget