メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

~風
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2020/7/3 5:25
・手握り
・手作り
・手揉み

うんたらかんたら、というのがある意味食品を中心とする製品のアピールポイントであるとされるところです。

機械がゴットンと物を作る、御飯を型に押しこんでお握り形にする、そんな無機質で風情のない製品よりも、人類が丹精こめて心をこめて優しく握ったなお握りが味わい深い、筈で御座いましょう。

 ・機械が型に押し込んで作ってるけど
  人類の肉体を駆使し
  両手を使った手作りと変わらない形態口触り

という説明をされると如何にも不味そうですが、

 ・手作り

と書くと有難く頂戴できる気にもなるものでしょう。ぇぇ、この際は「手作り」というキャッチーな文字列を出すために「風」という否定の言葉を添えて真実を覆い隠しつつアピールできるものなのでしょう。

この際は、「風」がついたら

 ・それは真実ではない。

手作り風、は決して実物の手で握ってはいないのだ、そうゆう理解をすべきところですが、なかなかそうは認識できない、ある意味うまい表現方法だと存じ申上げる次第。

喩えるなら、

 ・198円!

実質200円のものだけど、どうしても100円台、と認識してしまうのに似ているのでしょう(違)。



で、だ、今次この際は、手作りの方が有難いのかな、と呆然と存知申し上げる次第。

うっかり本当に人類が握って無風ですと、

 ぇ、その握った人、大丈夫だよね?
 無症状だけど実は保菌者(ウイルスでもこう言うんですよね)じゃないよね?
 衛生的に大丈夫なの?

という心配が生じます。

これが風なら、飽くまでも作っているのは機械であり、適切に消毒除菌しておいていただけるなら、まぁ、ひとまずは、安心して頂戴できる、筈。

うっかり本物志向で無風の商品を求めるのがこの際は仇になる。ここは騙されて「手作り風」の商品を求めるのが吉、というものでしょう。

さぁ、皆さんも風を探しに参りましょう。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget