メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 疫病下の文明・文化・生活(COVID-19)
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2020/5/30 22:15
所謂「出口戦略」という言葉が声高にキャプションされている今日この頃では御座います。「出口」があると存ずればでは「入口」ってこの際なんなのかなぁ、と呆然妄想してみれば「済崩し」の対応、あるいは「ダイヤモンドプリンセス」というのがそれに対応するものやら。

そんな事をつらつら思い起こされる今日この頃では御座いますが新たなる旅立ち 「新たなる生活習慣病 「新たなる生活習慣」という事で

 ・事前事後の嗽手洗い
 ・ソーシャルディスタンス ソーシャルディスタンシング
 ・常時マスク着用
 ・3密回避
 ・不要不急回避
 ・テレワークやリモートワーク
 ・時差出勤

他云々ということでは御座いますが、その中にあって

職場や学校の「白マスク」指定に悲鳴 専門家「管理者の安全感覚鈍い」

例によって例の如しというものでしょうか。記事中には

 「何が大事なのか気づけ!――。」

という報道からの厳しい指摘の形をとった容赦ない罵倒も飛びます。

昨今は黒いマスクや、色相環で多角的な色のマスク、手作りマスクとして異形の体裁のマスクすら「当たり前に」装着して何食わぬ顔をして街を出歩く人が跡を絶ちません。

しかし、斯様な輩は自分が何をしているのか、きちんと理解して行動しているのかというと随分と不安を覚えざるを得ない。

マスクは方形白色のガーゼである、それは誰かが決めた訳でも、誰が強制したものでも、決してない。長年の人類の知恵・経験・叡智・生産・効率・防疫・評価・結果の収斂として今の典型的なサージカルマスクの形が出来上がったものであり、誰かのファッション感覚や、誰かの思いつきで無責任に踊らされてウイルス防疫の役に立たないマスクなどかなぐり捨てて伝統的な形状色情機能のマスクを採用するのが当然なのではないだろうか。

....という事なんでしょうか、ちょっと文面の行間やパケット間を読み辛くて多分間違っている筈なんですけど。

新たなる生活、それも所定のフォーマットに則るべき、そのフォーマットって今までなかったけど?というところで、新たなる規制自制が生まれてくるものかどうか。

日本文明、むつかしいです。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget