メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 第32回オリンピック競技大会は今....
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2019/10/17 23:49
大会開催まであと10ヶ月を切ったところでこんな事が言い出されている。

マラソン・競歩 札幌移転 「30日からのIOC調整委で方向性」

言いだしっぺはなんとIOC、バッハ会長は乗り気らしく、来る30日の会議で「決めた!」としたいらしい。流石JOCなら「一度決めたことを曲げてはならじ」と言を左右にして否定し高温多湿の中を強行するところでしょうけど、流石外圧・黒船は押しが強く選手の健康に配慮した決定をするものなのでしょう。

で、吾等が都知事殿は

小池都知事、「マラソン北方領土で」 IOC案を批判

札幌と言わず北方領土ですか。もう175度程臍を曲げて御冠状態。急に別の事を言われればこうなるものなのでしょうか。

因みになんで今更こんな事になったかというと、

東京五輪 マラソン・競歩の札幌検討 背景にドーハの批判

カタールドーハで開催された陸上大会が猛暑のため散々な事になったもので日本の東京も猛暑だし対策しなくね?ということらしい。まぁ、人類が海から陸上に上がってから未だ数億年の単位ですし陸上の気候環境に完全に適応しているとは言い難く適切な対応を取らねばならぬので御座いましょう。

初夏は猛暑ですし、晩夏から秋は猛烈な台風ですし、温暖化の進んだ冬は雪も氷も乏しくなってウィンタースポーツにも不自由し、この列島はどんどん環境が悪化しスポーツには向かない土地柄になっていくものなのかも知れません。そのうち世界大会など呼ぶ事ができなくなり、国体も開催が困難になって皆VRの世界やe-スポーツに傾倒していくものでしょうか。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget