メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

横須賀市按針塚
投稿者: Chryso 投稿日時: 2018/6/26 7:58
京急の横須賀中央駅の手前に「按針塚」という、普通しかとまらない駅がある。快速急行で通過することが多いのだが、山側の車窓に丘の上に立つマンション群が一瞬見えて、気にはなっていた。ということで、今回寄ってみた。






三浦半島は、標高は低いが急坂が多いようで、結構な坂で最高20%くらいあったのでは。民家の基礎部分もこの通り。






按針塚というくらいで、近く(でもないが。徒歩20分くらい)に、三浦按針の墓があるとのこと。
三浦按針って、かのヤン・ヨーステンです。漂着したオランダのリーフデ号の生き残り。家康の顧問。なんでここに供養塔があるのかというと、知行地がこのあたりだったそうです。亡くなったのは平戸であって、墓もほったらかし。のちに再発見され、発掘調査の結果では、埋葬さえた形跡がないそうで、結局、供養塔らしい。伝記では、ヤン・ヨーステンはオランダに帰りたかったが、オランダ行きの船の船長とソリがあわず、結局最後まで日本にいて、亡くなったとのことです。
見晴らしのいい、展望台からはこんな景色が。案内版によると、天気がよければスカイツリーも見えるようです。






ニイニイゼミが早くも鳴いていました。ここの鶯は、鳴きの「谷渡り」がうまいようで、ひっかかりがなく、歌い通しました。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget