メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

才能の無駄遣い、遍く【2次元と3次元の往来】
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2018/4/15 20:20
以前に御紹介させていただいたのが此方。

写楽の絵がついに立体化しちゃったよおい!代表作「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」が可動式フィギュアになって予約販売スタート!

或いは

名画だって動くんです。ムンクの叫びが可動式フィギュアになって予約販売開始!

まぁ、要するに絵画というのは3次元世界を適当な視点で切り取り2次元に写像するものであって、んで、その際に「写実的」にやりすぎれば「写真」になりますし、「描写者」の「印象」「解釈」「妄想」「期待」「不安」その他諸々が込められつつ2次元に像が写されますとそれなりの絵になる。でわそれをまた3次元にしたら、という御話になりますと、

欲しくないわけがない!海洋堂が手掛けた精巧な3D「鳥獣戯画」フィギュアが予約販売受付中!

ぉぉ、活き活きとした描写を活き活きと立体にしておいでである。なんとも。或いは海外に行きますと、

絵画「快楽の園」のシュールなキャラクターたちがフィギュアになった。ネット通販で販売中!

という事も御座いまして、まぁ、人類考える事は結構同じだなぁ、とか存じ申上げる次第。それにしてもうっかり名作を立体にすることのなんとも愉快なことよのぅ。


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget