メインメニュー
PR
facebook
別フォーラムへ

返信する: 【環境】私たちの暮らしの未来

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 豊洲市場(築地市場移転先)における場土壌汚染対策問題
投稿者: 伊豆倉 正敏 投稿日時: 2017/3/19 0:50
 採水方法の指定の事ですが、昔水質分析にいた者としては井戸に残っている水を周りの地下水に替えるためにパージするのはいいとして
 1日置いたら揮発性の有機化合物(今回はベンゼン、シアンも酸性なら気化しやすい-実際分析では蒸留法)は大気中に抜けるし、パージ後に井戸から出てきた土粒粒子は沈む(この時に目的成分単体のみならず、吸着されていた成分が一緒に沈んだり、空気中の酸素と触れて酸化して沈む事がある。)のでなんでそうしたの?と思います。
 そうは言っても「地下水」をどう定義するかで、昔は水に混じっている土壌粒子を異物として濾過する指定のある自治体もありましたし(でも揮発性有機化合物はフラン瓶という容器に直後に採取して水封)、逆に土壌粒子が混じって濁った状態を通常使われている時の井戸(水処理前と水処理後)として分析する依頼もありそれは指定によると思います。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget