メインメニュー
PR
facebook

返信する: 【空隙】その他もろもろの話題

url  email  imgsrc  image  code  quote
サンプル
bold  italic  underline  linethrough    


ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー  [もっと...]

オプション

参照

Re: 才能の無駄遣い、遍く【温故知新か車輪の再発明か】
投稿者: 東 遥 投稿日時: 2016/11/2 7:18
因みに、非専門家の方が鉄を造る、という事で思い起こすのが大躍進運動の一つで、都市・農村で製鉄運動が繰り広げられたものでは御座います。はい、日常使用している農機具・炊事用具他はもとより鉄製の設備や構築物を破壊して手製の炉にくべて新しい鉄を生み出した、んだそうで御座います。勿論専門家の慎重な助言を得る鉄腕DASHの事業と並べて評すべきものでは御座いませんが。果たしてどうなることで御座いましょう。

まぁ、日本でも戦時中は富士山の麓で石油が採れたとか、レアメタルの精錬方法が見つかったとか色々とアレな事もございました。はい、富士山の方はなんだかのお告げだかなんだかでボーリングしたら油分が検出できて油田があるぞ兵器の燃料になるぞと色めきたったものですが、それは要するにボーリングの機械に塗布されていた機械油だったというお粗末な御話だったそうで御座いました。一方のレアメタルの方もアルミの粉末を使って云々という事で要するに工業的にはテルミット法として従来から知られるもので、そもそもがアルミの精錬に莫大な電気を使っていると思えば、全体的にみてテルミット法に拠るよりも従来の精錬方法に拠る法が投入資源・エネルギーの面で余程に効率が宜しいものですが軍部のその筋にしてみれば目の前で「簡単に」精錬できる方法が宜しいという事でいやはやもう、という事だそうでは御座いました。

いやいや。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
PR
twitter
Created by: twitter website widget