サイエンスフォーラムホームページ>過去の話題>技術>蓄熱材を使った熱輸送システムの実験


(76) 蓄熱材を使った熱輸送システムの実験
伊豆倉 正敏
2007年01月08日(月) 22時09分

 みなさん今晩は、

 【環境】にしようか【産業】にしようか迷ったのですけれど、実験段階から、新技術の実証段階まで来たと言うことなので【技術】に、

神戸製鋼所と神鋼環境ソリューションの記事です。
読売新聞
工場廃熱 ためて運んで冷暖房に…神鋼
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20070106ke05.htm


>神戸製鋼所とグループ会社の神鋼環境ソリューションは2007年度中にも、工場などで発生した熱エネルギーを専用装置で遠隔地に運ぶ「高効率蓄熱輸送システム」を実用化する。神戸市で行っていた実証実験でメドがついた。工場の廃熱を本社オフィスに輸送して冷暖房に利用することなどができるため、原油高騰に悩む企業などから引き合いが相次いでおり、希望企業との間で近く共同実験に入る。

> 高効率蓄熱輸送システムは、工場やごみ焼却場から出る200度以下の廃熱を蓄熱装置に蓄え、トラックなどで遠隔地に運ぶシステムだ。

後略−詳細は上記アドレスで

 今まで、200度以下の熱は廃熱として発生しても、有効利用しようにも運送方法がパイプラインなどに限られていて、遠隔地に運ぶには途中で冷却されてしまうため元が取れず、運送する為の蓄熱材がネックとなっていたりですが、上記アドレスにある薬品と技術組合せ(ここは特許などがありそうなのでアドレス参照)で試作でき実証実験が一段落して、参加企業との共同実験に入るそうです。

伊豆倉 正敏
生息域サイエンスフォーラム・化学の広場共通の【環境】掲示板
http://fsci.nifty.com/
http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FCHEM_B031
 自分のホームページ「石屋川」
http://homepage1.nifty.com/ishiyagawa/index.htm





Copyright© 2007 FSCI All rights reserved.